シミにおすすめ美白美容液!美白美容液って効果あるの?

10代・20代の頃には悩まなかったシミが、40代を過ぎた辺りから年々増えてきていると感じる女性も少なくありません。

それは、錯覚ではなく、まぎれもない事実です!

では、どうして年齢を増すごとに、シミが深く、濃くなっていくのでしょうか?

シミに気が付いたのなら、その時点で適切な対処が必要です。そのままにしていても「シミがある朝起きたら・・・消えていた!」なんて、ミラクルは起きません。

できてしまったシミは数日で消えることはありませんし、コツコツとスキンケアをしていくことが求められるのです。

そこで今回は「シミにおすすめの美白美容液」をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

シミが年々濃くなるのはどうして?

40代になると、急激にシミが増えてしまったと悩む女性は少なくありません。

例えば、こんな悩み。

  • 一気にそばかすが増えてきた
  • シミが濃くなってきたので、ファンデーションでごまかすと黒ずみに思える
  • 一度できたシミがなかなか消えない
  • 増えるばかりで、一向に減らない
  • シミが大きくなっている気がする

40代になって、すぐにシミができているわけではありません。

ここで、火山の噴火をイメージしてみましょう。

1.ダメージが蓄積する

まず、紫外線や乾燥、刺激によるダメージがどんどん積もっていきます。

10代や20代の頃に色黒の肌を意識したり、日焼けを気にしないで遊んでいると、特にダメージは大きくなってしまいます。

2.色んな要因が重なる

ダメージが積もった状態で、スキンケア不足・ストレス・ホルモンバランスの変化などの色んな要因が重なります。

3.長年蓄積されたダメージが、爆発

長年蓄積されたダメージが、色んな要因によって爆発してしまいます。

それによって、シミがいきなり増えるという状況になってしまうのです。

活火山の噴火のように、一度出たシミがどんどん増えてしまうような状況になってしまうのが、40代の肌の状態です。

そう考えると、エイジングサインの1つに「シミ」が挙げられることが分かりますね。

40代の肌は活火山のような状態になっているので、適切なスキンケアをして、シミの大噴火を少しでも抑えてあげることも大切です。

美白成分をチェックしておこう!

美白美容液というワードだけを信用しすぎないで、自分で美白成分を把握しておくことも大切です。シミを確実に薄くしていくためには、美白成分を肌にダイレクトに染みこませていくことが求められます。

食品だけではなく、化粧品やスキンケア商品の成分表示も確認していくことが大切です。

それでは、早速確認していきましょう。

成分1.ビタミンC誘導体

最近、よく聞かれるようになった美白成分の1つ「ビタミンC誘導体」。

ビタミンCと同じものだと勘違いしている人もいますが、決して同じ美容成分ではありません。

確かに、ビタミンCはエイジングサインと言われている、小じわ・シミ・大人ニキビによる色素沈着などに効果を発揮しますが、とても酸化しやすいというデメリットがあります。

けれども、ビタミンC誘導体は研究を重ねた結果、商品に安定した配合ができるようになりました。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの良いところを、皮膚に浸透させやすくなった美白成分と言えるでしょう。

成分2.アルブチン

アルブチンは、強力な美白効果があるけれどリスクもある「ハイドロキノン」を参考にして、より肌への刺激を少なくした美白成分です。

厚生労働省からも美白成分として認められている成分なので、さまざまなコスメやスキンケア用品に使用されています。

美白を目指すなら、根気が必要

美白を目指すのなら「美白は1日してならず」という言葉を、頭の中に入れていきましょう。

美白成分がたっぷり含まれた美容液を肌に塗って、その日のうちに肌が白くなっていくようなマジックは起こりません。むしろ、そんなことが起きたら、恐ろしいです。

美白は短期集中ケアではなく、長期的にケアをしていくことが求められます。

1日ではなく、1ヶ月、1年、5年と、長きに渡って根気強くおこなっていくことが、最も大切なことなのです。ですから美白美容液を選ぶときも、成分だけではなく、美容液そのものの値段も比較ポイントとして加えて下さい。

毎日使い続けることが難しい値段の美容液、高価すぎて使うのがもったいない美容液は、長期的な美白ケアには適していません。

毎日きちんと使い続けられる値段の美容液を選んで、コツコツと美白ケアを続けていきましょう。

シミにおすすめの美白美容液は?

シミができた、なんとなく色素沈着が見られる、思いっきり紫外線を浴びてしまった・・・という状況で、何も美白ケアをしないのは、正直に申し上げて恐ろしいです。

肌の奥に積もりに積もったダメージが、どのタイミングで爆発するのかは分かりませんから、しっかりとケアをしていきましょう。

そこで「シミにおすすめの美白美容液」をまとめてみました。

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト

ビタミンC誘導体が含まれている美白美容液で、高浸透ナノがぐんぐん肌に吸い込まれていき、内側からくすみ知らずの透明感のある肌を演出してくれます。

テクスチャーも非常に伸びがよく、ベタベタしないですぅーっと染みこんでいくのが、とても心地よいと定評もあります。

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルトに使われているビタミンC誘導体は、「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」です。

こちらは水溶性ではありますが、リン酸基を結合させることで、脂溶性に近い性質となって肌への浸透度が増していくというメリットがあるのです。

シミだけではなく、目元の小じわや毛穴の開きにも効果が期待できる美容液なので、美肌&美白を求めたい人には、おすすめです。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ

モンドセレクション3年連続金賞を受賞した、シミ対策におすすめの美容液「アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ」。

シミになってから対処するというよりも、シミの予備軍を見つけて、シミになる前にあらゆる原因にアプローチをしていくことができます。

メラニンを含んだ角質を排出する・メラニンの原因となる炎症を抑制する・メラニンの生成を抑える・紫外線を吸収するなどの働きを持ち合わせた美容液なので、シミ対策には最適です。

今回ご紹介した美容液だけではなく、化粧水・メイク落とし・スポット美容液なども揃ったお試しセットがあるので、肌に合うのかを試してみるのも方法の1つです。

美容液単体だけではなく、ライン使いした方が美容効果もアップしますので、ぜひトライアルキットをお試しください。

エテルノ美容液

エテルノ美容液は、シミ改善と同時に小じわやほうれい線、肌のたるみを改善してくれる美容液でもあります。

こちらの美容液の最大の特徴は、世界初「発酵熟成に成功したプラセンタエキス」を配合しているという点です。

プラセンタは保湿効果に優れた成分ですが、発酵することによって、美肌には欠かせない成分である「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」の量がパワーアップします。

美白ケアもワンランクアップすることができますので、ぜひお試しください。

米肌 澄肌美白エッセンス

ネーミング通り、透明感のある澄んだ肌を作り上げることができる、美白美容液です。

紫外線によってダメージを受けた肌を守りながら、メラニンが過剰に作られるのを抑えて、シミ・そばかす・色素沈着を防いでくれます。

米肌 澄肌美白エッセンスは、シミ対策美容液としての実力も高く、All Aboutのベストコスメ賞2位を受賞しています。

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体のダブル配合になっており、美白効果だけではなく、ニキビを予防して、肌の調子を根本から整えてくれます。

実際に利用した人からは「肌がもっちりになった」「シミ対策とニキビ予防が同時にできるのは嬉しい」などの声も聞かれます。

サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門のコスメブランドとして、DECENCIA(ディセンシア)があります。

敏感肌の人は「美白をしたいけど、肌への刺激も気になって…」「美白とニキビ予防を同時にしたい」という人が多く、そんな方におすすめするのが「サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート」です。

肌のバリア機能を高めてくれるセラミドナノスフィア、肌の奥からの美白効果が期待できるアルブチン&トラネキサム酸が配合されています。

特に日差しの強い夏の季節は、紫外線による肌へのダメージが大きく、シミ・そばかすの出現や毛穴の詰まりによるニキビ悪化が目立つ季節でもありますので、美容液でプラスのケアをしていきましょう。

POLA ホワイトショット CXS

サッと肌に馴染むテクスチャーで、べたつきもなく引き締まった肌を演出してくれます。

薬用美白美容液となっているので、肌の調子を整えながら、美白に特化したケアもすることができます。

注目すべきは、ポーラオリジナルの美容成分「m-シューター」「クリアノール」です。

気になるシミやそばかすにダイレクトに作用してくれるので、ケアを続けることで、透き通った肌を作り上げることができるでしょう。

エルシーノ 集中美白美容液

徹底的に美白ケアをしたい!という人におすすめなのが、エルシーノ集中美白美容液です。

シミの原因であるメラニン色素にアプローチをしてくれるので、メラニン色素の増殖を抑えることができます。

注目の成分は、ダーマホワイトです。

美白成分としてさまざまな商品に含まれている「アルブチン」よりも、2倍以上の効果が見込めるのが、ダーマホワイトという成分です。

敏感肌の人でも安心して使えるようにと、香料・鉱物油・パラベン・アルコール・石油系界面活性剤が使われていないのもポイントの1つです。

茶のしずくシミ対策集中美容液

シミ対策集中美容液というだけあって、シミの元にピンポイントで働きかける「速浸型」ビタミンC誘導体を配合しています。

この美容液には、無農薬栽培茶と薬用有効成分「甘草由来エキス」が配合されているので、肌への刺激が気になる人でも、安心してお使い頂けます。

ただし、使用感には個人差がありますので、パッチテストをすることをおすすめします。

大塚製薬 インナーシグナル

製薬会社から発売された美白美容液として、口コミ人気が広まっているのが「インナーシグナル」です。

大塚製薬が注目したのは、肌の再生化、つまりターンオーバーです。

正常なターンオーバーサイクルを保つためには、肌の「母細胞」に着目することが大切です。

シミの元であるメラニンを体外に排出させつつ、肌のターンオーバーをしっかりと支えて、くすみやシミの無い透き通った肌を作り上げてくれます。

製薬会社の底力が感じられる美白美容液を、ぜひ一度お試しください。

まとめ

いかがでしたか?今回は「シミ対策におすすめの美容液」について、お話をしました。

できてしまったシミを消すのは、そんなに簡単なことではありません。

だからこそ、毎日の美白ケアを徹底して、シミができる前に対策をしていくことが大切なのです。

40代にシミやそばかすを最小限にとどめておきたいのなら、20代・30代のうちに美白ケアをしていくようにしましょう。

もしシミができてしまっても、決して年齢のせいにしないで、有効な美白成分を肌に与えてください。美白は1日にしてならずです!