しっかり美容液を浸透させる方法

どんなに高級な美容液を使用しても、きちんと美容液が浸透していかなければ意味がありません。

乾燥肌や敏感肌の人は常に肌が乾燥しているので、美容成分が凝縮された美容液がとても効果的です。

だからこそ、しっかりと浸透させていただきたいのです。

そこで今回は、美に敏感な女子は必見!「しっかりと美容液を浸透させる方法」をご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

これをやったらダメ!美容液の意味がない使い方

美白、アンチエイジングなど、特化した美容成分が凝縮している美容液ですが、使い方ひとつで意味のないものになってしまう可能性があります。

そこで「これをしてはいけない!」というポイントをまとめていきましょう。

美容液に化粧水や乳液を混ぜて使う

「時間が無いから、一度にケアを済ませたい」「とにかく、スキンケアの時間を短縮したい」という気持ちも分かります。

仕事に家事、育児と毎日忙しい女性たちですから、スキンケアの時間を確保できないこともあるでしょう。

だからと言って、美容液・化粧水・乳液をごちゃまぜにして使ってはいけません

分離してしまう可能性もありますし、他のメーカーの商品を混ぜるのは、品質上あまりオススメできません。

美容液本来のメリットや成分を十分に感じたいのなら、混ぜて使わないようにしましょう。

混ぜて使うくらいだったらオールインワン美容液がオススメ

美容液を乳液や化粧水と混ぜて使うくらいだったらオールインワン美容液やジェルを使うのが良いでしょう。

オールインワン美容液はその手間のかからなさから、大変人気があります。

顔を洗わないのに付ける

洗顔をしていない、あまり清潔ではない肌に美容液を付けても、意味がありません。

きちんと清潔にした肌に、付けていくようにしましょう。

美容液の効果的な使い方は?

美容液を効果的に使うためには、その方法をしっかりと確認しておく必要があります。 効果的な使い方のポイントをまとめました。

  • 美容液は洗顔後が基本。
  • 美容液は化粧水の後に付ける。
  • 美容液は肌に負担をかけないように、優しく肌に染みこませる。
  • 美容液は継続してこそ、効果を感じられる。
  • 決して多量に使う必要はない、少量でも毎日使うことが大事。

1日で、美容液の効果はでません。美容液は毎日使い続けてこそ、効果を感じられるというわけです。

浸透しやすい肌を作るには

さて、美容液が浸透しやすい肌をつくるためには、どうしたら良いのでしょうか?

ポイントは「お肌がほんのりと湿った状態で、美容液を使うこと」です。

乾燥したカピカピの肌に美容液を浸透させようとしても、なかなか難しいでしょう。

そこで、お風呂上りや蒸しタオルをして毛穴が開ききった後に、美容液を使うと美容成分が浸透しやすくなります。

美容液使用前のひと手間で、美容液の効果をより感じましょう。